portrait6ani.gif

2006年05月15日

馬鹿の文章の翻訳(2)

 翻訳・再翻訳作業の結果から言うと、この試みは失敗におわった。


 すでにお分かりかと思うが、この元ネタは5月11日付けの死神ゼロ日記の記事である。

 あいかわらず漠然とした内容の理解困難な文章であるが、意味不明の「箇条書きスタイル」は健在である。

 今回の翻訳作業の意図としては、彼の文章を翻訳サイトでろ過することでノイズを除去しようとするものであった。

 ノイズは除去できたのだが、余分なノイズもくっついた。
これが失敗の原因である。余計に意味がわからなくなってしまった。

 (ただし、彼の「箇条書きスタイル」の利点がひとつわかった。センテンスを細かく切るため、英訳するときに有利なのである)

 やはり機械に頼ってはだめなようだ。次回は手作業にて、ヤツの文章の真意を暴き立てるぞ。

                      <続く>


※参考までに、再翻訳したテキストも以下に掲載しておく。

------------------------------------------------------------------- 

Rinaju管理スタッフの意志?、A】

【項目システムを説明する動き】
・Rinajumastarbccの上下のボリュームの付録としてウサギのキャップとウサギのリングを提供しました。 両方が魅力的な項目でした、そして、多くのユーザが習得の本を買いました。
・当然、買って、ユーザがいた、だれ、ゲームにも取り引きを持っていましたが、10がある内部のゲームでの付録の品目を販売するか。
・今回、それは最終への習得の本の位置【付録】でした。 それは正反対でしたか?そして、実は、本が付録であったか項目が付録かそれであった、正直である、また、考える人は多くを考えます。 通常アカウント項目として項目をそれに販売するだけでよかったですか?また、考えるユーザは大いに見えます。
・そして、疑問は正解です。
・そこでは、「それが公認RMTでした」というなどとアカウント項目システムが突然紹介されたならまた、それのために内部で批評した人であったのになるように、持っています。
・今回、私は、習得の本の【付録】としてアカウント項目システムにテストペットをしたために考えられた眺めが正しいと思います。
・販売がこれの統計であるなら上げられたどのくらいの収益であるかを予測するのが、目的であったという考えを取って、どういうユーザ、文字クラス、レベル、時代、職業、Rineカレンダー、購買の数のなどが調べられるか、そして、アカウント項目システムに行くということであるなら、説得力があるかもしれません。 そこでは、物質【アカウント項目システム】のどんな第一段階もことわざへの上にそれではありませんか? NCJは将来このデータに基づいたアカウント項目を調べるでしょう。

・そして、NCJはなぜアカウント項目システムの試験を始めましたか?
・それは簡単です。 目的は収益を上げることです。

・迷信がMMOのそこでは、「ヘビーユーザがMMOを支持してい」て、「ヘビーユーザが軽蔑されたとき、ゲームが断っ」て、「RMT相場が激減したとき、MMOが成りません」であったという夜明け。
・これは本当にある意味です。 そして多くのユーザがヘビーユーザであり、また、彼らが承認が夜明けにMMOのように平らにする夜明けの安値における開発されたMMOを支持して、持っている。
・しかしながら、状況はかなりの参加と市場調査の軽いユーザの開発などでMMOの成熟化を交換しました。
・しかしながら、また、ノースカロライナとNCJのために夜明けのMMOを先駆けさせるのがあるのがわかって、それは迷信に執着しました。 2005年7月の最大1つの単身赴任の管理の中国のBANが昨年見られるなら、それは明らかにヘビーユーザ偏重の運営方針から理解されています。それ。
・妨げられるのを軽いユーザの新しいエントリーをします、そして、新しい参加かプレー時に制限を持っている軽いユーザがゆったりプレーすることができるように、余儀なく先端へのストイックなプレー環境でRMTを当てにします。 その結果、それは他のMMOの見られない単身赴任の中国の天国型に接続しました。
・軽いユーザ、無くなっているCabaが結果によるCaba職業によって急激に減少される人であり、ノー、マナー労働者など , そして、大混乱はそれを捨てたヘビーユーザの脱退で招待されました。 それは、主張の仮定とCaba覇権争いで設計されて、存在していますが、存在していません。不規則にバウンドしないこと。 仕様としてユーザで【単身赴任】を分割することができません。 ..Caba仕様のあるRinajuの主権決闘

・ゲームのときに率直に言うとき、多くの本当の現金=お金を落とすのは、ヘビーユーザではなく、軽いユーザです。

・環境、時間がない軽いユーザが収益を上げることができるということであるか以上が楽しむことができるゲームデザインであるなら。
・そして、アカウント項目システムを注意に支払います。

アカウント項目システムのMMOでは項目の分類として?
@アバターのグラフィック変化添加
例: 図と設備グラフィック、便利なAゲームExampleにおけるなどItem: 兵器、
Supportingツールが作った単にアカウント項目、および他の道具で入手できないプ
ロテクターなどは快適なB Exampleの環境をプレーします: 私は、倉庫機能の高める、
状態初期化、経験値のUP機能、および死亡リスク削減などがこれらの3ポイントであ
ると手荒く思います。
・実際にアカウント項目システムのMMOで

軽いユーザはアカウント品物を買います、そして、それをゲームにおけるヘビーユーザに販売します、そして、
ゲームのお金を入手します。

通常、それはターンします。 その結果、軽いユーザは、プレー時間は短くさせられるのでゲームをするのを楽しみます、そして、その人はヘビーユーザと共に違いを埋めます。
・それはヘビーユーザが項目としてゲームのお金で注意をここに向けるゲームでRMを落として、アカウント品物を買わないというポイントにあります。
・単語、ユーザが主として中心に置く光の中では、アカウント商品は落とされます、そして、購買=RMはアカウント項目システムのMMOで落とされます。
・このようにして

Caraspeccである。測定。 ≒時につくのについて



Caraspeccである。測定。 ≒時間が現金でつきながら量+をつけるのについて

付近と軽いユーザは、現金をつけることによってつく時間の量のわずかしかカバーしていなくて、快適なゲーム人生を楽しむことができます。

・アカウント項目システムの参照に関する例を以下のGung HoシステムのMMOを参照してください。

http://www.gungho.jp/

・アカウント項目システムが紹介されるなら、月額Cakinseiよりすばらしい収益は得ることができるのが今日のMMOで常識になります。
・しかしながら、また、MMOのような多くの月額Cakinseiがあるのも、本当である、それ、いわゆる余儀なく【マゾヒストのプレー】をします。 理由が詳細にまだ調べられていませんが、目的がしたがって、MMOでヘビーユーザ偏重の方針を採ることであると判断されます。 ヘビーユーザのもの【特権】はそのようなゲームでアカウント項目システムのために倒れることができます。
・当然、Rinajuはヘビーユーザ偏重タイプのMMOです。 ゲームデザインは有利なヘビーユーザになります。
・しかしながら、また、Rinajuが変遷の間あるのも、本当です。
・ヘビーユーザはセンターです、そして、新しいユーザがほとんど参加することができない現状があります、そして、行くなら、ユーザの数はそれのように減少がいちずであるかもしれません。
・実際に、また、出稼ぎ労働者のアカウントにおける収益を保証したのも本当であるように思えます。 それは昨年起こりました、そして、しかしながら、抗議運動とRinajuの価格は大きく比例します。 関心と政府機関のRMT調査の進歩でそれをcom暴動でRMT問題を始めた'Gaiaの夜明け'などのRMT、主要新聞のテレビの東京による系列の、そして、他のなどに残すのは可能ではありませんでした。
・その結果、NCJは現在明確に単身赴任中国語労働者のアカウントの管理を強化するようになりました。 当然、それらのアカウントはそれを予想することができませんでした。 それはそれに変化しました、そして、ユーザの獲得は差し迫った必要性になりました。
・一言で言えば、それは単身赴任測定の費用のように単身赴任の中国人の労働者のアカウントよりむしろ十分、カバーです。

軽いユーザのアカウントを得るゲームデザインにおけるアプローチ

実物大のアカウント項目システムになることへのテストペットは実行されました。

・出稼ぎ労働者自身での減少を引き起こして、アカウント項目システムが紹介されるならまた、快適なゲーム環境になって、軽いユーザが単身赴任RMTトレーダー減少からRMTをする頻度の最大の利点があります。 将来、この動きに注意を向けたいと思います。

・私は、それがそのような局面で見るので姿勢を最近のNCJの出来事に理解することができると思い
ます。

--------------------------------------------------------------------


posted by ビニール at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | リネ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。