portrait6ani.gif

2007年02月03日

ディアドふたたび

 またもディアド城壁にむらがってみた。



 今度は事前の段取りなしで、突発的にディアドを攻める。
ONしていたメンツだけで攻めを開始した。

 現場に1クランがいたので彼らに↑門を託し、わがサルモネ勢で
中央門、↓門を担当する。


 前回よりも手勢が少数のためか、合図は行き届いているにもかかわらず、
城門の破壊には手間取ってしまった。


 そして今回は門を突破した後が修羅場だった。
モンスの湧きが激しく、思わずSSを撮影し忘れるほどだ。

 1回、2回と全軍撤退の憂き目にあい、死人も出る始末。
そして門で協力したクランが撤退した直後、前衛後部にいた
わしに、悪の化身が叫ぶ。

「培養槽たたけ!」

 マンガとかであれば、血まみれのナイトが死にそうになりながらも
絶望感にとらわれかけている君主をはげまし、勇気を起こさせると
いうような名シーンであろう。

 サルモネの他の仲間たちもモンス処理に追われ、わしの周囲には
護衛もおらず(魚介類を除く)、硬くて太くて黒いタワーだけが
屹立しておったのだよ。

 プリの細い手首で、一生懸命タワーをたたいた。



diad2.bmp



 なんとかとれた。

沸いたモンスが群れてきていたので、あと10秒遅かったら無理だったろう。

各自がイイ仕事をしていて、なかなかいい戦争だったよ。

オツモネ!



 
posted by ビニール at 00:38| Comment(1) | TrackBack(0) | サルモネ戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オツモネヽ(゜∀゜)ノ
Posted by 戌 at 2007年02月03日 09:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。